宅麺

メニュー/ラーメンの系譜

現在提供中のメニューとその系譜(味・歴史など)を説明します。

  • 直球家系/横浜家系 作田家
  • 温故知新/拉麺久留米 本田商店
  • 二郎インスパイア系 ちばから
直球家系/横浜家系作田家
名家系「六角家」で修行を重ねた直球家系至高の一杯。 そのスープは濃厚でコクがありながら飲み干せるほどすっきりとした奇跡のスープ。豚骨界の暴君、作田直章が魅せるド直球な家系、作田家をどうぞご賞味ください。
系譜家系
横浜の新杉田で1974 年に創業した「吉村家」が総本山。店名に「家」が付いていることから家系と呼ばれる。家系を名乗るには、吉村家や六角家、又はその系列の店で修行したことが絶対条件であるという。「お家騒動」があり、系列やその暖簾分けは非常に複雑なものとなっている。系統には直系・歴史系・独立系・壱系など様々。主に家系3 種の神器と呼ばれる「鶏油(ちーゆ)」「のり」「ほうれん草」がトッピングされているのが特徴。
温故知新/拉麺久留米本田商店
トンコツラーメン発祥の地、久留米にて熱気と威勢のよい声が飛び交う活気のある店内。長年丁寧に引き継ぎ、守り続けてきた美しい乳白色のスープは濃厚な香り。 しかし一口食べるとそのイメージを覆すあっさりとした甘さのある後味が口に広がるクセになる一杯。代々引き継がれてきた本田商店本気の味を、どうぞご賞味ください。
系譜純トンコツ
日本の代表的なラーメンとしてよく知られる白濁色の豚骨ラーメン。その発祥は、福岡県久留米市において1937 年(昭和12 年)に創業した屋台「南京千両」と言われている。その後博多に伝わり、今や日本全国、さらには世界に愛されるラーメンとなった。極細ストレート麺が一般的であり、その加水率は24〜28%またはそれ以下と低く、スープによく絡む。 久留米豚骨独特の食欲そそる香りが特徴的。
二郎インスパイア系ちばから
生粋のジロリアンである店主の長谷川誠一が憧れの二郎、京成大久保店で修行を積んだ後、納得いくまで2年かけて創り上げた自慢の逸品。進化した二郎を是非お試しください。ニンニクアブラマシマシのコールでどうぞ。
系譜二郎系
1968年(昭和43年)に、東京都目黒区の都立大学駅近くで開店した「ラーメン二郎」が由来。山盛りの野菜に厚切りのチャーシューが乗ったその見た目に驚く人は少なくないであろう。熱狂的なファンが多く、二郎系ラーメンファンや、ラーメンそのものより二郎系ラーメンに魅了されこよなく愛する人々を「ジロリアン」と呼ぶ。「二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物なり」という格言も。コールとよばれる独特な注文方法も特徴の一つ。
  • 鶏白湯/甘さ染みる、塩 らあめん元
  • 勝浦タンタン麺/本格オロチョン ビンギリ
  • 五種類の味噌/東京スタイル味噌ラーメン ど・みそ
鶏白湯/甘さ染みる、塩らあめん元
ラーメン界において数々の賞を総なめにしてきた元(HAJIME)の鶏白湯。厳選された食材を丁寧に炊き込んだスープは見た目の透明感からは想像できないほど、しっかりと出汁の効いたスープに仕上がっている。淡麗でいて深い味わいのスープは老若男女誰でも楽しめる一杯である。「らあめん元(HAJIME)」の傑作、どうぞご賞味ください。
系譜塩系鶏白湯
第5番目のスープと大注目の鶏白湯は鶏を長時間煮込んで作るスープ。あっさりとしながら鶏脂の旨味、コクが感じられ、豚骨の臭いが苦手な女性から絶大な人気を誇っている。
勝浦タンタン麺ビンギリ
千葉県勝浦市のご当地ラーメン「勝浦タンタンメン」を進化させた、痺れるような辛さの麻辣の効いたラーメン。ただ荒々しいだけではない辛味奥に肉や野菜の旨味を凝縮した芸術的な一杯。 どうぞご賞味ください。
系譜勝浦タンタン麺
千葉県は南房総・勝浦のご当地ラーメン。「江ざわ」が発祥とされる。醤油をベースとし、ラー油で炒めた玉ねぎや挽き肉を具材とし、練りゴマは使わないのが特徴。寒い海で働く漁師や海女さんが、海仕事で冷えきった体を温める為に好んで食べたことから定着していったとされる。表面は真っ赤なラー油が覆っているが、辛いだけではなく玉ねぎの奥深い甘味が特徴的。
五種類の味噌/東京スタイル味噌ラーメンど・みそ
長年かけて完成させた東京を代表する味噌ラーメン。江戸甘味味噌や信州味噌など、貴重な五種類の赤味噌を独自のブレンドで配合した他にはない深み。さらに動物系スープと和風系スープのWスープが織りなす絶妙な仕上がり。どうぞご賞味ください。
系譜味噌
札幌の「味の三平」が発祥と言われる。日本ラーメンの1 つとしてオールシーズン老若男女を問わず、広く愛される。スープはふくよかで、香気ある独特の風味。豚骨や野菜を炊き上げ厳選した味噌と合わせる。バターやコーンとの相性が抜群。
  • らぁ麺フロマージュ ドゥエ イタリアン
  • ゆず香る白醤油らーめん 麺処びぎ屋
  • 素材にこだわる無化調 侘助
らぁ麺フロマージュドゥエ イタリアン
元イタリアンシェフが作るらぁ麺は濃厚なチーズに麺を絡めて食べる新しいかたちのらぁ麺。チーズを絡めずに食べれば鶏の旨味が凝縮された黄金色の塩らぁ麺としても楽しめる。優しい味わいの丼一杯のフルコースを是非ご賞味ください。
系譜イタリアン
丼一杯のフルコースを作りたかったと語る元イタリアンシェフの石塚和生。お年寄りからお子様まで安心して食べられるように素材からこだわり続け、らぁ麺を美容食と捉えた石塚はトマトやレモンなどの食材まで使い究極の一杯を表現している。3年連続でミシュランビブグルマンを獲得したその実力はらぁ麺の新たなかたちを示している。
ゆず香る白醤油らーめん麺処びぎ屋
東京の超有名店「せたが屋」出身の店主、長良貴俊によって作られる醤油らーめんは素材の風味が感じられる淡麗スープ。ミシュランビブグルマンに4年連続で選出されたそのらーめんは、鶏や魚介など様々な素材が溶け込んだスープにゆずのほのかな酸味が合わさることで、あっさりとしながら奥深い味に仕上がっている。見た目にも美しい白醤油とあわせた極上スープをご賞味ください。
系譜醤油
醤油ラーメンは日本で塩ラーメンの次に産まれたラーメンとされ、その発祥は1910年(明治43年)に開店した「来々軒」であった。もともと肉食に馴染みのなかった明治以前の日本人にとって豚骨でとったスープは獣臭く受け入れがたいものであった。そこで古来、日本人と馴染み深い醤油と合わせることで市民権を得るようになったのであった。そうして産まれた醤油ラーメンは日本人の肌ととても合うものであるということは想像に難くない。
素材にこだわる無化調侘助
丸鶏をベースとした数種類の動物系スープと煮干しをベースとした魚介系スープをあわせたWスープ。素材の風味を活かすため水から厳選した贅沢なスープは化学調味料を一切使用していない。国産ブランド小麦である傾奇者(かぶきもの)をベースに数種類の小麦をあわせ作った自家製麺はスープとの相性も抜群である。ミシュランビブグルマンを獲得した贅沢な一杯を是非ご賞味ください。
系譜味噌
味噌ラーメンといえば札幌である。豚骨ベースの熱々濃厚な味噌スープ、その表面には大量のラードが層をなし、麺は加水率の高い中太のちぢれ麺である。そんな札幌の味噌ラーメンの常識から外れた侘助の上品な味噌ラーメンは、その完成度の高さゆえ札幌味噌ラーメンの本場である札幌の人々にも広く愛されている。

宅麺からの約束

宅麺は2010年にラーメンのお取り寄せサイト「宅麺.com」を開始。今までは並ばなければ食べられなかった全国の行列店のラーメンを「お店の味そのまま」で、いつでも自宅で食べられるという新しいライフスタイルの提案をしてまいりました。
この度、選りすぐりの銘店の店主より預かった、想いのつまったこだわりの一杯を、より多くの人々に伝えるべく、初めてこの地で出店する運びとなりました。店主の魂とも言える一杯を世界に広めたい、その一心で、違う水や素材を使いながらも同じ味を出すべく、様々な試行錯誤を重ねて参りました。そうして各店主より認められた一杯だけを提供しております。
本店と同じスープを骨から丁寧に炊き上げ、日本から直送した秘伝の「かえし(タレ)」を合わせる。
本店の、あの味、コク、店主秘伝の味。だから、上手い。自慢の9店をどうぞご賞味ください。

宅麺のラーメン作りは、プロの料理人が店舗の厨房に数日間入り、店主から教わりながらレシピを起こす所から始まります。その後、日本で出来上がったレシピを元にシンガポールのキッチンと食材で、同じ味になるように何度も何度も試作を繰り返します。その上で最終的に店主の試食を経て、「お店の味と変わらない」というお墨付きを得て初めて店舗のメニューになります。
強火で長時間炊き上げるスープは、丹念にアクをすくい焦がさぬよう目を光らせ育て上げています。
また、毎日同じ味のスープになるように温度や時間だけでなく、塩分濃度やスープの濃度なども製造工程で細かくチェックしております。そうして炊きあげたフレッシュなスープに、日本から直送した秘伝のタレを合わせることで、日本と同じ味を極限まで再現しています。
豚骨だけではないバリエーション豊富な日本の味の中から、最高の一杯との出会いを私達はお約束します。

店舗

Takumen

  • 住所
    66 Circular Road #01-01 Singapore 049420
  • 電話番号6536-4875
  • 営業時間
    月〜木 11:30 〜 22:00 (LO 21:30)
    金 11:30 〜 24:00 (LO 23:30)
    土・日 11:30 〜 15:30 (LO 15:00), 16:30 〜 21:00 (LO 20:30)
    ※売切次第終了
  • 定休日祝日

Takumen 2nd

  • 住所
    100 Tras street 大衆酒場2
  • 電話番号9333-9622
  • 営業時間
    月〜木 11:30-14:30, 17:30〜22:30
    金 11:30-14:30, 17:30〜23:30
    土 17:30-売切次第終了
    ※売切次第終了
  • 定休日日、祝

ソーシャルメディア

メディア掲載